ビル・マンション用建材ビル・マンション用建材

アーバンecoシリーズ [SSG構法・アルミ手すり]

アーバンecoGstyle
商品詳細情報
手すり取付方法
ガラスバリエーション

「アーバンeco Gstyle」は、スリムなラインのSSG構法のマンション用アルミ製ガラス手すりです。
外観ではアルミの見付幅を上枠10ミリ・下枠13ミリとし、たて枠は見えなくして極細のラインで構成しています。
また、ガラス面とアルミフレームとの段差も3ミリ程度とし、ガラス面のみのフラットでシンプルなファサードに仕上げました。
使用するガラスは合わせガラス8ミリ(FL4+FL4) で、高層階での使用可能な3800N/m2の強度確認試験を実施しており、耐風圧の面からも安全安心を提供しています。
また、特殊金属膜コーティングガラスや光触媒クリーニング効果ガラスもあり、美観を長期間維持することができます。

アーバンecoGstyle

【SSG構法とは】
ガラスを支持する竪枠を見せないファサードがデザインできる構法で、
ストラクチャーシーリング(構造シーラント)と呼ばれる接着剤を品質管理の行き届いた工場内で打設し
強力に固定する構法です。

タイプバリエーション

 

ガラリタイプ
ガラスタイプ

耐風圧性能(N/m²) 3800
W寸法(mm) W≦1200
H寸法(mm) 1100≦H≦1200

上記製作範囲はMax寸法であり、強度区分および納まりにより異なります。
詳細は「手すり強度区分別適応表」をご参照ください。
製作範囲については、もよりの営業所までお問い合わせください。

カラーバリエーション

SK

ツヤ消しシルバー

SC

ステンカラー

UC

アーバングレー


手すり取付け方法

印が付いているものは柱幅30×50対応に制限がありますのでご注意ください。
印付商品については、もよりの営業所までお問い合わせください。


手すり支持方法

床支持

特記項目

支柱なしコーナー